サラリーマン大家でも安心のマンション経営|初心者なら任せよう

データ処理

諸費用を考えて

グラフ

一戸建てなりマンションなりマイホームを購入することは人生の目標の1つです。特に都会では土地の価格が非常に高いことからマンション派が多いです。マンションと一戸建てとの違いは多くありますが、マンションでは一戸建てと異なり毎月修繕積立金と管理費を納める必要があります。これらの金額はマンションによって異なり、オーナーと管理会社によって決められています。管理費は管理会社が行う清掃費用や管理人の給料として支払われるものです。修繕積立金は建物に不具合が発生した時の修理費用や大規模修繕のための積立金として使われるものです。管理費の相場はおよそ5千円くらいで、修繕積立金の相場は1万円くらいとなっています。注意しなければならないのは、購入者を集めるために修繕積立金を低く設定していることが多いことです。そうなると大規模修繕までにすべての費用を賄うお金が貯まらないため、急きょ修繕積立金を追加請求されることがあります。

管理費や修繕積立金を変更することは可能です。それには管理組合で議決をとる必要がありますが、働きの悪い管理会社を変更したり設定金額を変更したりできます。世間の相場に比べて極端に乖離がある場合には変更しておくことが、後々追加請求されないためにも賢明となります。素人の人にとってはどのようにしたらよいのか、世間の相場と比べてどうなのかといったことを判断できないのであれば専門家であるマンション管理士に相談することも良い手段です。管理会社の良し悪しを判断するには普段の管理記録をチェックしたり住民のクレーム対応にどれだけ素早く対応してくれているのかを見ると判断できます。管理会社もマンションを建てた建設会社が決めてそのままとなっているため必ずしも優秀な会社に依頼しているとは限りません。